かあいがもん「お父さんの日記」

男の子二人の父親が日々の悶々を綴ってます。

俳優というお仕事

ここ数日帰って来ていない長男から「次の作品のオーディション受かったよ」と家族のグループLINEにメッセージが来た。

三年ぐらい前から役者をやりたいと言った長男は、少しづつ駒を進めているようだ。

親バカなわたくしとしては素敵な作品だっので小躍りそうなくらい素直に嬉しかったのだが、役者の先輩としてはまだ認める訳には行かないフリをして 「父さん、はしゃぎたいけどはしゃがないよ」

とグループLINEのメッセージを返した。

するとママから

「じゃぁ、母さんははしゃいどく」

とメッセージが来た。

素敵なママだなぁ、やっぱり間違いなく毎回離れる原因はこっちにあるんだろうなぁと思いつつ 「役者として共演できる日をまってるぞ」

と、役者の先輩っぽい返事を長男に返した。

しかし、長男はまた本当に大変な職業を選んだよなぁと思う。

役者でずっと生活するって言うだけでも宝クジに当たる確率ぐらい一握りだろうし、テレビやスクリーンに映る世界だけからは見えない葛藤や苦労があったりするんだが、長男はわたくしを見てきてるから知らないでもなかろうにと。

いや、知らないのかな、むしろ知らないんだろうなぁ、父さんの苦労話しを。もう、血のにじむような血の滲むような役者での苦労話しを。

昔やらせて頂いたドラマで、ウンコを漏らすシーンがあって、そのドラマがこれまた名作で話題のドラマだったのもあって街を歩いて気付かれるとわたくしの事を見て、役名ではなく「あ、ウンチ漏らした人だ」って言われたりするのが暫く続いた。それを聞いたドラマ観ていない人からはリアルに胃腸が弱い人だと心配され続けたり、まぁ、会った事ない人から、好きだの嫌いだの劣化だの言われる職業ですからこんな事は大した事ではございませんがね。そんな事は苦労じゃぁありません、むしろ光栄な事です。それだけ多くの人々にインパクを残したのですから。そんな事より、苦労したのは、今まで一度も(多分)ウンコを漏らした事がないのにどのようにしたらリアルに漏らして見えるかだったんです。流石に撮影現場で下剤のんでウンコ待ちでリアルに漏らす訳にはいきませんからね。仮に見事に演じきって終わってスタッフから臭いを我慢した笑顔で拍手されても辛いし、間違いなく黒歴史になるでしょう。なので、我慢していた所からの漏らした後の足の動き、顔の表情、これらを演技でリアルに演じるためにはどうすればいいか必死に考える訳です。想像してみて下さい、もしウンコをもらす役がきたらどうしますか?しかもそれが綿密に描かれておりストーリーの中で大切なシーンだったら。まぁ、そうそうそういう役はありませんけどね。断るって選択肢もあるかもしれませんけど、演じるなら役者としてはどうすべきか。そうです、出来る事はやってみるです。 あれ? この話細かくしたらマズイよな、、、、食事中の人もいるかもしれないし、、、うん、すいません綺麗な苦労話にならなそうなんで、やっぱり無しで。 この話は血のにじむ苦労はしなかったけど、ウンコがにじんだ、って事で終わりにしましょ。 いちおう昔はアイドルだったんで。

当時、もうガモン(我慢)出来ないってキャッチフレーズでCDデビューさせて頂いたりしてましたからね、あれの由来ウンコだったりしたと思われたりするのもなんですしねぇ。

ホント危うく別のカテゴリーの俳優になる所だった。

他に苦労はあるかなぁ、、、あぁ、若い時だったか殴られるシーンで、テストまでは空振りだったのに、先輩の役者さんが本番でいきなりスイッチが入って本当にぶん殴られた事もあったなぁ。あまりに見事にヒットして吹っ飛んで、セリフも飛んだもんなぁ、ありゃ怖かった。もしかしたら、わたくしの事が嫌いだったのかもなぁ。その後お話して無いし、会う事あったらちゃんと聞いてみよ。でも、昔は時代劇の刀が本物の時があったって言うし、それを考えるとそれぐらいは大した事ないけど。 あー、昔、主役の息子の役のオーディションに行ったら「似てないから帰っていいよ」って、オーディション会場に着いたと同時に帰らされた事もあったなぁ。2時間かけて行ったから、おいおい、プロフィール写真みて呼んでくれてるんだろ?って、悔しくて泣いたなぁ、いや泣いてはいないかな。

あれ。 あれれ。

こうして話すとあんまり大した苦労はしてないな、、、。

そりゃ、こんだけ楽しそうに生きてたら息子も父親と同じ仕事したいと思うかもねぇ。

自分が楽しそうに生きてなけりゃ人を楽しませる事なんで出来ない仕事だろうし。

少しの変化

40になりました。40歳になりました。40代になりました。

月日が経つのは早いものですねぇ、まさか自分が40歳になるなんて想像してませんでした。

いや、もちろん誰でも歳はとるんで当たり前と言ったら当たり前なんですが、とにかく実感がありません。

最近トイレに行きたいなと思ってからトイレを我慢できる時間が短くなったり、同じ事を何度も言うようになったり、話始めたら話の着地点がわからなくなったりと、歳を重ねている実感はあるんですがねぇ。

しかし、長男は20歳、次男は13歳の中学2年生なわけですから、わたくしも40歳らしいお父さんと思われるようにこれからも頑張っていきたい所存でございます。

 

最近の日常としましては、今年はちょっぴり変化の年、とでも言いましょうか少し変わったことがありました。

まず次男がようやく声変わりしました。

なんか、仕事帰りが遅くて、次男が起きてる時間にしばらく話さなかったら急に電話の声が野太くなってきたんですよねぇ。

見た目は体もそこまで大きくないし、顔もまだ可愛らしさも残っているのですが「もしもし」って言う声が少年ではなくなってきたと言いますか、長男に似ているとい言いますか、普通に話していても反抗期かな?と思うテンションなんですわ。

で、反抗期の方はと言いますと、学校に行く時にお見送りするとドアが閉まるまで手だけをニョキッと出したままドアが閉まるまで手を振ってくれますし、わたくしが夜遅く帰ると旅館みたいに奇麗にわたしの布団を敷いてくれていたりしますので反抗期まだきていないように感じます。

あとは次男の変わった事は、携帯ゲームの課金をしなくなりました。

以前から次男自らのお金で携帯を持ち、自分の貯金で携帯ゲームの課金をチビチビしていた次男をわたくしは少し心配しておりました。

いつかわたくしの様になるのではないかと。

過去の日記を読んで頂ければわかると思いますが、わたくし本当にゲームが好きで十代の時はゲームに狂ってました、そして今でも数日空く休みがあるとゲームを大人買いしてしまいます。

今年に入ってからもオンラインでやるドラゴンクエストを一人一人同時にプレイ出来るよう家族分買って、家でパソコン並べて長男次男と家族でオンラインの中で楽しんでおりました。

現実の世界でキャッチボールとか旅行とか自然に親しむとか、父親らしいことしねぇでなにバーチャルの世界で冒険してるんだバカバカ、と自分にツッコミながらも、これは親子と共通の趣味を通じてのコミュニケーションであり、例えインターネットの世界での経験でも、一緒に行動して試練を超えれば成長出来るかもと思ってましたが、そんなことは当然あるはずもなく、成長したのはゲームのレベルだけで、むしろどんどんゲームに課金していくダメな父親の姿をさらしておりました。

しまいには「こんなゲームに溺れる大人になったらダメだよ、これは父さんが敢えてダメなところをやってみせているんだ」

と言ってる始末。

で、僕も携帯ゲームにもう少し課金したいなぁと次男がブツブツ言っていたので

「おいおい、それなら中途半端な課金するんじゃないよ、いいか携帯ゲームは大人がハマってしまうぐらいよく出来ているんだ。むしろ一度課金して止まらないのは大人の方で、ガンガン課金してると思う。わかっていても何故だかゲームの中でしか着れない服だったり、ゲームの中でしか強くなれないアイテムに喜んでお金を払ってしまうんだ。現実の世界では自慢出来る意外なぁーんの影響もないと思われる物にだ。不思議に思わないか?お金を払って買っているのに手に触れないし感じる事も出来ないって。確かに父さんも携帯ゲームに課金をした事はある、初めて課金したときはドキドキしたものさ。「大切な物は目には見えない」ってどこかの言葉を都合良く解釈して課金は素敵な物と思いスタートしたんだ。でも大切な物どころか自分が見えなくなったんだ。怖いよ、気づいたらガンガン課金していて携帯の明細に目をひんむいたものさ。でも中途半端はいけない、若いうちに男の子はアホみたいな遊びは沢山した方がいいと感じるし、今我慢したら大人になった時、なにかの反動で父さんみたいになるかもしれない」

と、言う感じにもっともらしい話をしながら、とりあえず次男にとってとても大金だと思われる額を課金させた。

あえて大金を。

初めは喜んでいたけれど、いざ大金の課金をクリックする時は、深呼吸したり目を見開いて小刻みに顔をプルプルさせたり訳の分からない行動をしていた。

それから暫くしたある日、次男と買い物をして帰る途中

「ねぇパパ、この前課金したゲームあるじゃん、あれさ何でかあれからつまらなくなったんだよね。虚しくなったって言うか、考えないでお金で強くなって進めても楽しくないって言うか、、、もう僕は携帯ゲームに課金しない」

と言い出した。

「本当?」

「本当だよ、マジに誓うよ」

と。

 

わたくしの携帯のボイスレコーダー次男

「◯月◯日、僕はもう一生ぅ、携帯ゲームに課金しません、もし、出来なかったら自分の貯金を全部没収で、、、、、ぃや、半額没収でかまいません」

と自分への誓いを残してくれていて、最近携帯ゲームに課金はしていないそうだ。

わたくしは課金してますけど。

ちなみに、このやり方は人によると思いますんでやってはいけませんよ。

ムシロゼッタイニヤラナイヨウニ

 

 

一方、長男は最近家帰ってこない事が多くなった。

二十歳だし、好きな子でもいてロマンスを過ごしてるかもしれないし、仕事が忙しいのかもしれない。

でも、わたくしの誕生日には帰って来て「誕生日でしょ、マッサージしてあげる」と言ってくれたり、母の日にはママにお花をさりげなく贈っていたりする。

なんていうか、親がこんな感じでも子どもってしっかり育っていくんだなぁ、と日々少しづつ変化感じる。

 

ちなみに、わたくしは最近はアルジャーノンというネズミの頭が良くなる研究に勤しんでいたり、灰の中の真実を探していたり、気ままにお散歩や旅に出たりするお仕事をさせて頂いておりました。

今年に入って、まだ人を殺めていないんですよねぇ、去年は殺り過ぎたからかな、これからかな。 

しかし、長いねぇ、久しぶりに日記書いたらムダに長いねぇ。

マメに書くように頑張ろ。

少し遅いですが

少し遅いですが、明けましておめでとうございます

日記を書かなすぎて日記の存在を忘れる所でした。

いや、日記の存在を消してしまおうかと思ったぐらいですわ。

とりわけいつもと変わらない日常を過ごしているのです。

あえて変わった事と言えば、次男がトイレに駆け込む時「お尻から黒い悪魔が生まれそうだ」と中二病的な事をチラホラ言うようになったのと、長男が成人式を終えたからなのか、はたまた彼女でも出来たのか服装や立ち振る舞いが大人な雰囲気になった事ぐらいでしょうかねぇ。

わたくしはと言いますと、いつものように2時間ドラマ人を殺めたり殺められたり、犯人に思わせて犯人じゃなかったり、いい人だったり、灰の中の真実を探していたりしながら、都内をゆるりと散歩するお仕事に勤しんでおります。

ホント、なんでもないようなことが幸せに感じる今日この頃。

とりあえず、今年の抱負目標などを考えてみましょうかね。

 

先日お食事会の席で二十代前半の方に「お仕事何をされているのですか」と聞かれました。

オシゴトハナニヲサレテイルノデスカ

それは明らかに「いま何の撮影をしているのですか」ではなく「あなたの職業は何ですか」の質問。

まぁ、わたくしも、昔はアイドルで歌を歌ってたりしてイベントのキャッチコピーが「もうガモンできない」とかでキャーキャー言われたりして知らない人いなかったんだぜ、なんて過去の栄光を引き摺るのもイタいので

「俳優のです」

と、答えました。

すると相手は「え、おいくつなんですか」と目をまるくして聞いて来たので「今年、四十歳になります」と答えたら完全に目が弱者をいたわる目になっておりました。

 

きっとその方は

「キツいわぁぁぁあ、四十歳で俳優の「」って、殻を破って孵る時には初老じゃん、

つぅか自分の親父だったら絶対耐えられないわぁ、もう他人を演じてもらうしかないっしょ」

って、帰りに友人と盛り上がるのでしょう。

そんな身に沁みる事があったので、今年は俳優と世間に認められるよう、もう少しお仕事がんばりましょうかね、精神がブレイクしない位のプチブレイクを目指して。

 

今年もよろしくお願いします。

 

 

なんで駄目なのか

「ねぇ、パパ、なんで人を殺すのっていけない事なの」

と、次男が聞いてくる。

「あー、そりゃ、あれだ、君はアニメかなんかのセリフで、平和な時に人を殺すと犯罪になるけど戦争の時に殺すと英雄になる、みたいな所からそんな風に思ったのかもしれ無いが、もし、人を殺すのが許されたとして、誰かが憎いから殺したとしたら、その殺された側の親や子供がが恨んで復讐しに殺しに来る、で、殺されたんなら殺し返そうって、同じ事繰り返したら極論、人間いなくなるだろ、人間が少なくなっていって一人になったら生きていけないからじゃないかな。あとは人は人を生き返らせる事が出来ないし。っていうか、自分が殺されたく無いなら殺しちゃ駄目なんじゃね。むしろ人を殺していい理由があるなら聞いてみたいね。まぁ、万が一、いや億が一わたくしの目の前で君が理由もなく誰かに殺されたら、その殺した人をブッ殺したい気持ちにはなるけど」

次男が聞いてくる。

「なんで、ドラッグは駄目なの」

「そりゃ、あれか、マリファナとか合法の国に行って法律がゆるい所ではやっていいとか思ってるなら、多分ちがうね。 日本人である以上日本の法律を順守しなければいけないし、細かく言ったら駄目な物は駄目だからね。あとは父さんはやったことないからわからないけど、ヤバいのになるとラリラリパッパで幻覚見えるらしいし、身体にかなりの負担になって、更にはやめるにやめられなくなって廃人になるらしいよ。やるなら人間やめる覚悟がないとねぇ。人が作った物でしか幸せや快楽を感じなくなるっていうのもどうなんだかって思うし、っていうか父さん悲しませたら駄目だろ

次男が聞いてくる。

「なんで学校に行って勉強しなきゃ駄目なの」

「それは父さんもわからない。君が学校の勉強が超絶嫌いなのは、わたくしの子供だから納得だが、大人になって色んな学校がある事を知ると、ぁあこんな学校だったら父さんも学校が好きになってたかも、って思う事もあるし、素敵な先生がいると、こういう先生ばかりだと学校も楽しい所になっただろうなぁと思う事もある。あくまでも父さんの好き嫌いなんだけど。何の為に勉強するかを納得出来ない上に闇雲に勉強をさせられても、はたしてそれが人生にどれだけ役に立つのか疑問になっちゃうだろうし、まぁ、それは先生ではなく親が説明出来ないといけない気もするんだけどねぇ。大人になって自分のやりたい事があると、その分野に関して勉強が必要となるのも事実で、そうなった時の予備練習なのかもねぇ。とにかくわからない。ただ、親になって思うのは、子供が小学校に上がると給食も食べさせてもらえる上に勉強まで教えてくれる学校はありがたいと思うのよ、ホントに感謝感謝感激。父さんじゃ勉強教えるの出来ないもの。栄養バランス考えた昼ご飯も大変だし。あ、話は変わるけど父さん昔、家庭科の授業だけはホントなんとかして欲しかったのよねぇ、自分が好きではない料理を作るのは超絶苦痛だったから。好きな料理を研究する授業だったら家庭科の先生とももっと穏便にやれた気がするんたよなぁ。まぁ、父さんの好きな料理はお蕎麦だったりするから、無理だろうけど。でも独身になったら裁縫だけはもっと勉強しておけばよかったって思ったよ。運動会のゼッケンとかどう付けれはよいかマジ困ったから、ホント、何を勉強しておけば良かったなんてわからないもんだねぇ。」

などなど。

もし、子供が聞いてきたらなんて答えようかシュミレーションしてしてみた。

いざ考えてみると、意外と子供を納得させる事が出来ないであろう答えしか浮かばない。

はぁぁぁぁあ、、、。

子供電話相談室は、まだあるのかな。

続き

前回からの続きと言う事で、書こうと思ったら面倒くさ、、いや、少し気持ちに余裕が無くなったので書くのを辞めていたらもう五月も終わり六月。

早いもんですねぇ。

わたくしは三十九歳になりました。

誕生日の日は撮影でわたくしはフルボッコの後に殺されまして、殺されたシーンが終わってスタッフや役者さん方にお祝いして頂くという不思議な三十九歳の迎え方で生まれ変わった気持ちでございます。

で、前回の続きで昔、ラーメン屋さんがノリに乗って上手く行ったと思ったらある日から色んなとんでもない出来事が起きたと言う話だった、、、まぁ、あくまで自分にとってのとんでもない話

まず一つ目の出来事は、地方のフードコートに出していた店舗で厨房のオーブンから小さなボヤを出してしまい、ビルのスプリンクラーが作動して、台風が来たんかい?と言うぐらいお店が水浸しになり、周りの飲食店にも多大な被害を出してしまいました。

ちなみにその時、わたくしは「笑っていいとも」のテレフォンショッキングに出演中。

出演が終わってから、その笑えないショッキングなテレフォンが店長からかかって来たんですねぇ。

ごきげんよう」なぞ見ている場合じゃありません。ソッコーで飛行機に乗り、店に行き、周りの店舗に謝罪をして回り、被害補償の話し合いをして、なんとか事態は収拾しましたが、大きなビルでしたので大変な騒ぎで地元のニュースになるのではと一時はささやかれました。

怪我人がいなかったのが本当に救いでした。

まぁ、万が一怪我人でもでたら木っ端微塵に芸能人生が終わる所でしたけど。

ちなみにボヤの原因はオーブンの故障だったらしいのですが、、色々あって真相は闇の中へ、、、。

ぁあ、水浸しのラーメン屋、思い出しただけでも恐ろしい。

とにかく、そのビルのスプリンクラーのボヤの感知は恐ろしいぐらい抜群だと言う事がよくわかりました。

次の出来事は、ある日、所属していた事務所の社長から内容証明がわたくしの家に送られて来ました。

内容は要約すると「事務所的にはラーメン屋をやる事は許可したがラーメン屋の名前をお前の名前にしてお前の写真を使う事は許可してねぇから使用料◯千万円よこせ、さもなけれは訴えるぞ」と、言う感じの物でした。

おいおい、そういう事はお店が繁盛する前に言っておくれよ、どんな計算したら◯千万になるんだよ、ラーメンをやる事にノリノリになったのは社長さんですやん、と思いながら社長と話をしましたが、話し合いは一年間ほど平行線

弁護士を立てたり、少しの期間仕事をお休みしたり、二人ともボロボロになるぐらい迄にやり合いましたが、最後は痛み分けみたいな感じで終了。

で、その出来事から、争いからは何も生まれない、むしろマイナスになる事を身に沁みて学ぶ事ができました。

今でもたまにその元社長とお茶をすると「俺が折れてやったんだよ」と始まり、わたくしも「いやいや、わたくしも結構大変だったんですからぁ」と、再び平行線の話しを笑いながら二時間ほどするのですが、、、なんだか今でも腐れ縁みたいな関係。

あー、まだまだあるなぁ。

細かいこと迄書いたらとんでもない長さになるから、更にディテールを割愛して書くと、お店の食券の券売機から毎日お金を自分の懐に入れてしまう奴がいたり、従業員の母親が「お宅の店は労働基準を守ってねぇから労働基準局連れて来てやる」と、怒鳴り込んで来たり、アホみたいにデカイ金額の横領があったり、怖い人が出て来たり、ある日自宅に知らないボウズの強面の人が来て知らない場所にワゴン車で連れて行かれたり(あ、これはラーメン屋辞めてからだったかな)もう、これでもかっ、と言うぐらい色んな事が起こりました。

なんですかねぇ、恐らく、わたくしに人としてのが無かったんでしょうねぇ。

宝クジで何億とか当たると幸せになるどころか、不幸になってしまう人が多いと何かで聞いたことがありますが、それに近い物だったのかなぁ、と思ったりします。

器が小さいと、いきなり大きな物が入ると壊れてしまう、みたいな。

まぁ、残念ながらわたくしは不幸とは微塵も感じませんでしたがね。

不思議なもので役者を続けていると、どんなおかしな出来事に遭遇してもお芝居の糧になってしまうと思い込む事ができるんですかねぇ。

皆が皆そう思う訳では無いとは思いますがね、少なくともわたくしはとんでもない出来事があればあるほどドキドキと同時にワクワクしながら「ヤベぇ、これを乗り越えたら、俺、また人としてビッグなっちまうんじゃねぇの」と、思ってしまうのです。

もちろん大きくなったかどうかは人が決める事なんですがね。

まぁ、こんな経験をいつか息子達に話せたらいいなぁ、と思ったりしてます。

息子達にはこのような出来事を知らないだろうし、ラーメン屋さんをやっていた時は「将来、ラーメン屋さんやりたいなぁ」と彼らは言ってましたからねぇ。

久しぶりの割にどーでもよい話でした。