かあいがもん「お父さんの日記」

男の子二人の父親が日々の悶々を綴ってます。

悶える姿

最近、四十歳を目前にして体力がだいぶ落ちた気がしたのでわたくしはジムに通い始めました。

で、始めて三日、あまりの筋肉痛で動けない状態。

もう、次男がふざけて飛びかかって来たら地獄で、激痛のあまり、今迄出した事のない奇声をあげて悶えております。

ウッギャ!、アギィィ!、ンバァぁぁ!

それが次男には面白いのか、ニヤニヤしながらわたくしの腕や脚を、つかんでは逃げつかんでは逃げ、ヒットアンドアウェイでわたくしの悶える姿を楽しんでおります。

「コルらぁぁぁぁあ!貴様、父さんが復活したら倍返しだからな」

と、怒っても全く効き目なし。

わたくしの悶える姿が次男にとってたまらなくツボのようです。

長男は父さんが可哀想に思えたのか、腕のマッサージを手伝ってくれたりしてくれるんで嬉しいんですがねぇ。