読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かあいがもん「お父さんの日記」

男の子二人の父親が日々の悶々を綴ってます。

性教育

比較的親子の会話は多い方だと思うけど、親子で「性」の話ってしたことないな。

と、ふと思った。

長男はもうすぐ二十歳だから彼女ぐらいいるだろうし、いや、もし彼女がいなかったとしてもまったくエッチなことを考えないはずは無いはずだが、彼の口からエッチのエの字が出て来たことはない。

まぁ、男の子が父親に相談することはないにしても、同性の親からは多少なりとも性教育の話をしておいた方が良いのかなぁ、とも思う。

とは言っても、自分の父親は物心ついた時、80歳超えていたのでそんな話はしたこともされたこともないし、まぁ、明治時代のはなしをされても衝撃が大きそうだけど、わたくしの場合、働くのが早かったから周りの悪ぅ〜い大人が色々教えてくれたので、父親としてはなんて話せば良いか難しい所。

しかも十六歳で同棲して十九歳で子供が出来たって父親に、そんな話をされてもねぇ。

とりあえず、アダルトビデオと現実は違うから要注意だよ、あんまりムッツリスケベだと自分でパンツ洗う羽目になるよ、とだけ言っておこうかな、もはや性教育じゃあ無いけど。