かあいがもん「お父さんの日記」

男の子二人の父親が日々の悶々を綴ってます。

反抗期

先日、ママから電話があった。

「最近、次男が会ってもあまり話をしてくれないのだけど反抗期なのかな」

と。

どうなんでしょ、確かに最近お風呂にあまり一緒に入ってくれなくなったのはあるけれど、それ以外は、洗い物のお手伝いもしてくれるし、相変わらず朝起こさなくても起きるし、宿題は自分から進んでやるし、特に反抗期な感じは見受けられない。

まぁ、しいて言えば人前などわたくしが親バカ全開で「可愛いぬなぁぁあ〜おまえぇ」とホッペをフニフニや髪をモフモフしたら、真剣な顔して「やめろぉぉ!親バカぁぁ!」と言うようになったぐらいかな。

今までは黙ってじっとしていたのに、最近は確かに反抗的かもしれない。

でも、これは反抗期とは言わないだろうなぁ、どうなんだろ。

まぁ、子供の気持ちとかあまりよくわからないから、とりあえずわたくしの目の前で携帯をいじくってる本人に直接聞いてみた。

「ママが君が最近あまり話をしてくれなくなったみたいで淋しく思ってるようなんだけど、何かあったのかい?」

と。

次男は携帯をいじる手を止めて少し考えた顔をした後に、少し頷きながら

「まぁ、子どもにも色々事情があるんだよ、」

と。

うんうん、子供にも色々事情があるよねぇ、ってどんな事情だよ、全く。

とりあえず、まだ反抗期ではないような気がする。